リアガラスに貼られていた企業ロゴステッカーを剥離|ウェイク(DBA-LA700S)

本日は、車検でもなく整備でもなく少し変わった案件でご来店されたウェイクの日記。

何やらリアドアに貼られている企業のロゴステッカーを剥がしてほしいとのこと。

数分で済ませられそうな案件だったので、お客様には事務所で待ってもらいながら、作業開始です。

アガラスのステッカー剥がし

所要時間 10分

  • シール剥がしをスプレーして放置
  • 残った部分をスクレーパーで除去
整備レベル★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
dogs
市販のシール剥がしをスプレーして、液がステッカー全体に染み渡るの待ちます。
このステッカーの大きさだと2分くらいかかりました。
ステッカー全体に染み渡ったら、ステッカーの角に爪を入れ浮かし、剥がしていきます。
後、さすがに悪いと思ったので、ステッカーにはPhotoshopでモザイク処理を施させていただきました。
が、色と形で分かる人には分かっちゃいますね。
岡山県では色んな意味で有名な中古車販売店さんですし。
このステッカー貼って走っている車たくさん見ますし。
整備レベル★★☆☆☆☆☆☆☆☆
dogs
シール剥がしだけで綺麗に全てが剥がれる時もありますが、だいたい残ります。
これは経験談ですが、古ければ古いほど残りやすい傾向があるようです。
ですので、残った部分をスクレーパーや手で傷が残らないよう優しく除去していきます。
それでも除去しにくい時は、もう一度シール剥がしをスプレーした方が良いかもしれません。
ネットや同業者から聞いた情報によると、消しゴムを使うとかなり有効とも聞いたこともありますので、上記の方法でダメそうなら一度お試しあれ。
最後に、綺麗に除去できたら、濡らしたタオルで、作業中に付着したゴミや指紋を落としたら出来上がり。

お支払いの時に、今回の経緯についてお聞きしたのですが、張っていたステッカーの企業で車検を受けたところフロントマンの対応に不満があり、車にこの企業ステッカーを貼っておくのが我慢できなくなったそうです。

明日は我が身ですね。

弊社も十分に気を付けなければ。

弊社では、企業ロゴステッカーを作成もしていなければ、配布もしておりません。

ですが、他社の企業ロゴステッカーなり、古くなったシールなり、何かを剥がす依頼でしたら、喜んで作業致しますので、いつでも気軽にお申し付け下さいませ。

終わり

コメント

*