全15項目の点検
2016年以前のスズキ車対象
2018年10月〜2019年1月末まで

●15項目の「愛車無料点検」を実施しています。

●2017年〜2019年登録・届出車両については愛車無料点検の対象外とさせていただきます。

●弊社の混み具合によって、お待ちいただく場合がございます。

●詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。

点検15項目の実施内容

点検15項目について

点検項目1 エンジンオイル
エンジンの動きを円滑にする、エンジンオイル。
エンジンオイルの劣化によりエンジンが故障することも。
点検項目2 冷却水
文字通りエンジンを冷却する、冷却水。
冷却水が減るとオーバーヒートの原因になります。
点検項目3 Vベルト
車の電気を作ったり、エアコンを動かすために使われる、Vベルト。
このベルトが切れると車が動かなくなることも。
点検項目4 ブレーキ液
ブレーキを作動させるときに圧力をかける、ブレーキ液。
これが劣化すると、ブレーキが利かなくなることも。
点検項目5 バッテリー液
車用の電気を貯めるバッテリーには、バッテリー液が入っています。
これが減少していくと、充電効率が下がることも。
点検項目6 エアクリーナエレメント
エンジンが吸い込む空気からゴミを除く、エアクリーナエレメント。
ここが詰まると、エンジンの性能が落ちることも。
点検項目7 ブレーキペダル
ブレーキをかけるときに踏み込む、ブレーキペダル。
ブレーキペダルには適切な「遊び」があることが大事。
点検項目8 パーキングブレーキ
パーキングブレーキは、ワイヤーを介して作動しています。
このワイヤーが緩むと、ブレーキが十分に掛けられず、駐車した車が動いてしますことも。
点検項目9 ワイパー、ウインドーウォッシャー
フロントガラスについた水や汚れを払拭する、ワイパー。
ワイパーの拭き取りが悪いと安全運転の支障になります。
ウインドーウォッシャー液も欠かさないように!
点検項目10 エアコン
湿度が高い時、フロントガラスの曇りとりにも活躍するエアコン。
点検項目11 警音器、灯火装置
クラクションやライト、ウィンカーなどの正常な作動は安全運転に欠かせません。
点検項目12 トランスミッション、トランスファーオイル
エンジンの動力を効率良く走行に使うトランスミッションやトランスファー。
これに関連するオイルの減りは、ギアの破損に繋がるおそれがあります。
点検項目13 燃料の漏れ
車のエネルギー源、ガソリン。
ガソリンの漏れは、車の火災に繋がる可能性があります。
点検項目14 ホイールナットの緩み
タイヤを支える大切な部品、ホイールナット。
ホイールナットの緩みにより、走行中にタイヤが外れることも。
点検項目15 タイヤ空気圧
タイヤには、適正な空気圧が決められています。
不適切な空気圧は、燃費やタイヤの寿命に影響することも。

ご予約